ビジネススキル・その他(独立・就職)

国を支える仕事が出来る公務員

国家公務員

国家公務員になるための、最も一般的な試験が国家公務員試験(T種、U種、V種)であり、人事院という機関によって行われる。国家公務員の人事の中立性や公平性を保つため、採用や人事を専門に行う機関が設けられている。受験資格は、年齢要件と国籍の制限くらいであり、学歴は問われない。試験の流れは、まず人事院が官報などにより試験の実施を公示し、受験の申し込みを受け付ける。1次試験、2次試験が実施され合格者が決定すると、採用候補者名簿が作成され、その写しが各省庁にまわされる。そこで合格者が各省庁に呼び出され、面接が行われるという運び。ここで気を付けなければならないのは、試験に合格イコール採用というわけではない。採用候補者となり、省庁の面接を受けるには、試験の成績も重要だが、試験合格後、事前に官庁訪問をして自己アピールしておく必要がある。国家公務員の給与は、行政職や公安職といった職種ごとの俸給表よって決まり、特別職(国会議員など)以外の国家公務員はすべて、この俸給表のどこかに位置し、給与が決められる。

資格を活かせる職業

国家公務員

受験概要

受験資格

21歳以上33歳未満(T種)/試験区分によって年齢制限・学歴などが異なる。

受験費用

無料/受験料は無料。1次試験は全国24都市、2次試験は9都市で行われるので、受験地までの交通費などがかかる。

試験時期

6月(T種)/6月に1次試験(教養試験と専門試験)、7月に2次試験(専門試験と総合試験、人物試験)が実施される。

主催団体

人事院各地方事務局

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★★☆
人気度
★★★★★
将来性
★★★★★
取得者の傾向
日本を動かす仕事をしたい方
資格取得後の将来
国家公務員として各種専門職に従事
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
国家公務員I種 とは?を探る記事
国家公務員II種 の特集記事
国家公務員III種 の特集記事