医療福祉・美容

専門家資格

音楽療法士

音楽療法には、音楽を聴かせてリラックスさせる受動的音楽療法と、一緒に歌ったり、打楽器を演奏したりして、気分転換やストレス発散を図る能動的音楽療法の2つがある。こうした音楽療法に関する知識や豊富な臨床経験を身につけ、精神的ダメージを負った人の心のケアを行う音楽療法士は、人の心を癒すという重要な役割を担っている。音楽療法士の資格を得るには、音楽療法の知識、講習会・学会への参加、臨床経験(事例研究レポートの提出)、研究発表および症例報告、論文・著書、教育指導経験を日本音楽療法学会に書類申請して審査を受ける。面接試験も行われている。

資格を活かせる職業

音楽療法士、カウンセラーなど

受験概要

受験資格

日本音楽療法学会の正会員/音楽系の4年制大学、短大、専門学校を卒業して、日本音楽療法学会の正会員として登録することが早道。

受験費用

1万円(資格申請料・正会員のみ)/「認定規制」を請求するために、資格申請以外に別途手数料が必要。240円切手を貼付したA4判の封筒と、500円分の切手を同封して郵送。

試験時期

10月頃/左記の日程は、日本音楽療法学会指定の申請書類の受付時期。書類選考に合格すると面接試験を受けることができる。面接試験は12月中旬の予定。

主催団体

日本音楽療法学会
〒143-8564 東京都大田区大森西4-15-5 パイオニア(株)大森事業所内

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
カウンセリングに興味がある、または音楽療法に従事したい方
資格取得後の将来
カウンセラーとして病院などに勤務
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
音楽療法士の特集記事