医療福祉・美容

最近では男性も増えてきた職業

看護師

看護士の仕事は、療養上の世話や診療補助だけでなく、高度化する医療の中で患者と医療スタッフの関係を円滑にし、患者の心のケアにあたるなど重要な役割を担っている。資格を取得するためには、厚生労働大臣が行う国家試験に合格し免許を受ける必要がある。准看護師は都道府県知事が行う試験に合格し免許を受けるが、養成課程が異なる。看護師国家試験の試験科目は、人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、社会保障制度と生活者の健康、基礎看護学、在宅看護論、成人看護学、老人看護学、小児看護学、母性看護学および精神看護学。看護系の学校や養成所では、こうした専門分野についての教育が積極的に行われるため、資格試験の合格率は高く、資格取得後の就職率も高い。

資格を活かせる職業

看護師など

受験概要

受験資格

指定の学校または養成所を卒業する/文部科学大臣の指定した学校において3年以上学んでいるか、または厚生労働大臣指定の看護士学校、養成所を卒業していること等。

受験費用

5400円/合格証明書の交付を申請する場合には、手数料2950円が必要となる。

試験時期

2月下旬/年1回の実施。試験地は北海道、青森、宮城、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡、沖縄。

主催団体

各都道府県ナースセンターまたは中央ナースセンター
03-5275-5926(中央ナースセンター)
http://www.nccs.nurse.or.jp/

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★★☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★★
取得者の傾向
看護士になりたい方に
資格取得後の将来
看護士として働く
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
看護師の仕事と資格